お問い合わせ

お問い合わせは0545-72-5280まで

旧東海道で暮らす細長い家

清水区蒲原S邸

旧東海道沿いに建てた今回の住まいは、なんと全長23mにもなる細長い住まい。
家の間口は約2間(約4m)しかありませんでした。
今までの住まいは東西に窓はなく風が抜けませんでした。
耐震上とても不利になってしまいがちなこのような住まいでも、構造計算を行い耐震性を高め、地震に強い耐震性能3をクリアし、長期優良住宅として認められています。
細長い敷地の為、どうしても部屋が狭くなりがちな土地柄でしたが、各部屋を広く見せる為の設計で、中は広く窓も沢山あり風が通り抜けていきます。
このような特殊な建物でも、弊社なら明るく風の抜ける設計なので安心です。
玄関は東海道に合わせて古民家風の作りになっています。
とても面白く住みやすい住まいになったと思います。

 

 

建物名 清水区蒲原S邸
1F面積 25.6坪
2F面積 20.2坪
合計面積 45.8坪
着工 平成29年3月
完成 平成29年10月
PAGE TOP