お問い合わせ

お問い合わせは0545-72-5280まで

土庇のある数奇屋風住宅

富士宮M邸

富士宮市中心部の緑豊かな住宅エリアに建つ数奇屋風住宅。
土庇を東側に計画することでの数奇屋の雰囲気を保ち、南側から採光をしっかりと取り入れる設計で数奇屋の家でも明るい間取りを空間としました。
土庇をくぐり玄関に入ると、木の温かさと和を感じることができてなぜかホッとする空間があります。
緑が多いDK掃き出し側よりデッキ越しに眺める土庇がとてもきれいです。
高断熱はもちろん、構造計算と5寸柱を使うことでバランス良く耐力壁を設置でき真壁工法の弱点を無くし、地震に強く断熱性能にも優れた次世代の数奇屋の家が完成しました。

 

 

建物名 富士宮M邸
1F面積 30.06坪
2F面積 18.74坪
合計面積 48.8坪
着工 平成25年10月
完成 平成26年5月
PAGE TOP