お問い合わせ

お問い合わせは0545-72-5280まで

床養生上げてきました

おはようございます

19日は朝から現場の床養生を上げてきました。

毎回書きますが、床 壁 天井がひとつの空間として現れる瞬間だ!!

3月より作ってきた今回の住まい

ここまで6カ月

写真はLDKとつながっている和室です

ついつい・・・サービスしてしまった?

秋田杉の柱がきれいだ!! いいね!!

天井も秋田杉の柾板7寸の赤身です

同じ産地なので、柱と天井の相性もばっちり!!

杉の赤材って本当に色合わせに苦労します

同じ赤でも色々な赤があってね!!

ここまで違和感ない赤もめずらしいです

かなり前に書いたけど、赤材ってね赤色が変化していきます

貼った時は色合わせをして貼るから色があっていますが

引き渡しのころ少し色が変わってくる(バラバラになるといいますか?)

あれっ?て大工目線で思うのですが、住み始めて1年もして来ると

赤身の色が薄く穏やかな赤に変化していく

ここで色合わせした直後の天井に戻るのですが、この時の色はずっと続き

本当に穏やかな杉の表情に落ち着くのだ

杉の赤特有の木肌の変化、削りたてから1年をかけ本当の姿を現す杉の赤

こんな杉の木肌の変化を楽しむのも、住まい手としての楽しみかも知れない

木の家は引き渡しのころは、大工目線でみるとですが木がまだ若造なんです

数年たった木の表情が落ち着いた時が、本当の木の家になっていきます

いいこと書くなぁ~今朝の俺・・・

また次回!! わらい~

 

 

関連記事

投稿記事一覧

PAGE TOP