お問い合わせ

お問い合わせは0545-72-5280まで

吉野貯木の天井

こんにちは!!

週末はリビングの天井を貼りました

今回の材料は業界の方ならわかると思いますがすごい材料でした

小笠原建築史上!最高級の天井だったと思う

その材料とは吉野貯木!!(ちょぼくと読みます)吉野ひのきの約5m材だ!!

厚み17mmの一枚板!!わかります?この価値!!

この板1枚で先日行った、うな富士でうなぎが2杯も食べられます!! 笑い

32枚使ったから×2=64回もうなぎが!!夢のようだ~

また食べたい!! 笑い

話がそれたが、比べ安くお応えしますとクロス天井の10倍以上の費用がかかります(材料費だけで)

その後施工費がかかりますので差はもっと広がる

3mの10mmのひのき天井はざらに存在しますが、4mの上を行く5mは通常の流通には

ない商品なんで普通は特注、とても貴重な品なんです!! しかも貯木だし!!

みて下さいこの上の写真!!

乾燥過程で出てきたひのきのあぶら!!・・・・良いひのき材にみられる光景です

乾燥も十分!!カラカラです

この材料を削っていきます

 

施工後の写真です

カンナもかけたから、ぴかぴか!!輝いています

このかんなかけが数年後の経年美にかわる、この時が一番きれいな状態になる

紙やすり仕上げのサンダ―仕上げにはこれがないからご注意ください!!

色も揃っていてとてもきれいな木だ

吉野貯木とはひのきの世界ではとても有名なひのきの産地である

奈良県吉野地方のひのきなんだけど、春になると吉野山の桜なんていいますよね?

日本三大?ひのきの産地だと思う

この辺では、木曽ひのき、東濃ひのき、富士ひの・・(笑い)じゃなかった・・・

吉野ひのきあたりが有名では? 吉野杉も超!!有名ですよね!!

吉野貯木は小さな町の中に38件だったかな?の製材所が所狭しと存在する

吉野貯木はとても林業の盛んな地域、元々は山から切り出した木を川に流し、ふもとの川で流れてきた

丸太を川でせき止め、一時保管していた貯木場のことをいう

現代ではトラックにて運ばれて来るが貯木とはこの流れをくんでいる

貯木はようは完全な吉野ひのきであるということ、他の山で伐採した木ではない証拠

正真正銘吉野材にしか押されないハンコが上の写真の吉野貯木の赤いハンコみたい

吉野は多くの製材所があることからわかるように、とても良い木が取れる

こんなところでは国宝級の社寺仏閣の材料も挽いているから、

宮大工さんのお抱え製材所も多いと聞く

そんな国宝級建物の木を挽いた材料の引き落としの一部分が

このような材料に加工されている

この天井板の内側の木はもしかしたらどこかの有名物件の柱かも知れない?

 

なのでみてほしい!!この淡いピンクかかったきれいなひのきを!!

施工していて、やはりよかったか!!すばらしい・・・

名産地の木はこれだらやめられない!!

やっぱり持って帰ろうか迷いましたよ!!笑い

東濃ひのきの赤身の強いひのき、木曽も最高なんだけど、薄味の木肌と木味もすばらしいが

吉野山のひのきは、うっすらと入るピンクがたまらない!! 1級材だと思う

実はこの材料、棟梁が次期自宅に使おうと思いこっそりとっておいた材料でもある

たまたま問屋の閉店でセリで落札して

お安く頂いていたから実現できたのですが・・・

まともに買ったら私の仕入れの3倍以上・・・普通使えない・・・

たまに是非!!使いたい!!って話はあったのですが、5mを切って3.6mに使ったりと

もったいなくてね・・・この木を短く切るなんて木に悪くてね・・・

一応大工だし倒された木のことも考えて行動しているつもり・・・

みんな断っていたんですが、今回の家には無駄なく長さフルに使えたし本当に良かった

お客さまも昨日見て頂き・・・きれいですね~でした!!

今回のお客様は、私の次男の同級生のお父さんなので

いつもよりサービスが半端ないです!! 汗・・・

ともくんのお父さんの建てた家しょぼい!!なんて言われたら親として大工として失格です!!

棟梁今回も燃えています!!なのでこれはサービスのひとつです!!

よい木でよい空気の家に住んで頂きたいですからね!!

自慢して下さい!!(素人は気がつきませんが)汗

この木をみて価値を見抜けるのは、材木屋でも気がつかない方が多いだろう?

今の材木屋は木の価値をしらないからなぁ~?

マルダイのF元専務がみたら・・・間違いなくわかってくれるだろう!!

完成したらF専務をおどろかせてやろうと思いますが・・・

でも・・・話が長いからなぁ~~・・・

手短でたのんますねF専務・・・笑い

今回、補助金絡みで工期があるから工期に間に合わなかったは、

まずいことですが、ついついサービス工事をしてしまう!!

昨日も玄関をよせばいいのに2日も余分にかかってしまう工事を提案してしまった・・・・・

汗・・・・まにあうのか?

しかしこれならきれいな玄関になるだろうし、さらに気にいって頂けるかと?

やるからにはとことんやる!!

小笠原建築の悪い癖ですね・・・汗・・・

家全体がひのきの家になってきた今回の住まい

構造でちょっとひのきの柱使ってあるから ひのきの家!!なんていう家とは違います!!

天井はすべてひのきになってしまった

こんな家こそ!!本当のひのきの家なんです!!

木香るひのきの住まい、工事中でもご覧いただけますので気になる方は会社までご連絡を!!

現場は富士市丘地区です

至急見学したい方は090-3484-0328 棟梁まで!!

ブログみた!!と言って下さればOKです!!

お気軽に!!貯木を堪能して下さい

また次回!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

投稿記事一覧

PAGE TOP